現在の日本の自転車事情

日本人で自転車を知らない人はいると思いますし、殆どの人が乗ったことがあると思います。

日本で初めて自転車が作られたのが1890年に宮田製銃所が作ったのが第一号とされています。

その後、自転車はどんどん進化をしていき、一般的な自転車から子ども用、また競技用と様々な形が産まれてきています。

現在では全世界的にエコ化が進んでいるために、自動車と比較して道路の専有面積が少なく、維持費も安く、どこでも走れ、有害なガスの排出がないことから非常に注目をされています。

また、自転車に乗ることで健康増進効果も期待ができるために、日本を初め欧米諸国などの先進国では、通勤などにも多く利用されて注目されています。

総務省の調べによると、2012年の1世帯当たりの自転車の購入額は全国で2475円が平均となっております。

全国で一番高額の自転車を購入しているのは静岡県の浜松市で5727円で、2位が三重県の津市で4669円となっており、次いで東京都の区部が4558円となっています。

そんな自転車を販売しているお店に関しても時代と共に移り変わってきており、以前は商店街などでよく見かけられた自転車店もここ10年間では減少傾向にあります。

2004年には全国で16237店あった自転車屋ですが2013年には11518店となっており、約29パーセントも減少している結果となりました。

The recommendation site
amazonギフトの評判の良い業者
安心できる店舗を選んで換金して自由に遊べる軍資金などにご用立て下さい!

原因としては大型量販店やインターネットなどの通販で購入することができるほか、技術者や後継者の減少も原因にあるようです。

全国的に見ると、沖縄県がもっとも自転車店が少なく、長崎県、神奈川県と続いて店舗数が少ないです。

沖縄に少ないことの原因としては坂道の多さや気温が高くて外での自転車の利用回数が少ないことなどがあるようです。

逆にもっとも店舗数が多いのは山形県で、新潟県、福井県、秋田県と続いています。

この理由としては日常的な移動手段として電車やバスの整備が遅れており、車と自転車を利用する人が多いことが原因とされています。